toragakikiのブログ

日常の思ったことや気づいたこと 書評 考え方 雑記ブログ 書いてます。 Amazon.co.jpアソシエイト

世の中には いらない情報が多い 脳が支配されているかも

たとえば

日々の テレビの 情報や

流行り廃りのトレンドや

かかさず 見ているSNS

自分の脳が考えるキャパシティは

限られている

 

1日に

あれとこれとそれと

と考えていると

本来 するべきことを

考えないといけないのに

毎日 毎日

その

あれやこれやそれの

自分の生活に関係ないことだったり

バーチャルてきな

ことであったり

夢の中の おとぎ話の

内容であったり

 

それらのことを

日々 毎日 毎日

考えると

本来 するべきことを考えることの

キャパシティが

奪われていて

大切なことを

考えない習慣が

できあがってしまう

結果

時間だけが

流れ

現時点の現状は

なにも

変わらないまま

年だけをとっていく

テレビとか

そういった

見るだけの

状態を つくってしまっていることが

そもそも

自分の頭の脳のキャパシティを

埋めてしまっていて

何も

進まない

どうすれば

よいか

それは

一度 SNSなど

テレビなどを

ストップして

自分の脳が 考える余裕を

持たせて

キャパシティを

空けてあげる

考える余地を

つくる

一番 重要なのが

脳だけで

考えない

脳は 同じことを

くるくるくるくると

考えるクセがあるので

紙と鉛筆などを

もって

脳の中の考えを

一度 紙に 移動させてやる

すると

とりあえず

前に 考えたことを

くるくるくるくると

同じことを 考えて

進まない状態から

抜け出せる

紙に一度 書いて

メモって

置いてあるのだから

その考えから

どう 動くかが

書き足せる

これが

脳だけに頼らず

紙やノートに書く

技術でもあり

たとえば

アインシュタインなども

紙に書いたり

黒板に書いたりして

そっから

先を考えていたに

違いない

まとめると

テレビやSNS

自分の悪い習慣を

ストップさせて

紙に 今 大切なこと

やるべきことを

書く

それを

残しておけば

解決策は

次の日にも

残ってるので

頭の中を何度も

くるくるくるくると

同じことを考える

こともない

脳だけに頼らない

紙と鉛筆

または

スマホクラウド機能でもよい

脳に

考える余地を

あたえるのだ